カーリースと引越し

カーリースと引越し

公開日:2022.03.03

引越しをすると、住民票や銀行口座の住所変更が必要になります。同じように、クルマも住所変更をしなければなりません。

では、マイカーリースの契約期間中に引越しが決まった時は、どうすればいいのでしょうか?

今回はマイカーリースの契約期間中に引越しが決まった時、必要になる手続きについて解説します。「マイカーリースを利用したいけど、引越す可能性があるかも…」という方は参考にしてください。

引越しする時に必要なクルマの手続き

クルマに関して、引越しをした時に住所変更の手続きをすることは、法令によって定められています。手続きをしない場合、罰則を受ける恐れがありますので、必ず行ってください。罰則を受けるだけではなく、正しくサービスを受けられない可能性もあります。

下記の手続きは、すべてのクルマで共通して必要です。引越しをしたら、忘れないうちに手続きを済ませましょう。

車庫証明の取得

車庫証明書(自動車保管場所証明書)は、住所変更の手続きをする時に欠かせません。ナンバープレートを変更する時にも使用します。

車庫証明書は、警察署で取得できます。新しい住所を所管する警察署に行って、まずは申請書をもらいましょう。申請書に必要事項を記入して提出すれば、車庫証明書を取得できます。車庫証明書が発行されるまでには1週間程度かかります。可能なら引越しをする前に、警察署に行って手続きをしておくのがおすすめです。

車庫証明書を取得する前には、クルマの保管場所(駐車場)を確保しておきます。車庫証明書を発行してもらう為には、次の条件を満たさなければなりません。

  • 新しい住所の駐車場が、他の車両の保管場所として登録されていない
  • 賃貸駐車場の場合は、契約を証明できる(駐車場オーナーの承諾をもらう)
  • 新しい住所の半径2km圏内に保管場所がある
  • 車のサイズに対して十分なスペースの保管場所がある

車検証の住所変更

車検証の住所変更は、引越し先の住所を管轄する運輸支局や検査登録事務所で行います。手続きの際には次の書類を用意します。

  • 車検証
  • 車庫証明書
  • 発行から3ヶ月以内の住民票
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書
  • (リース車の場合)カーリース会社が発行する委任状

ナンバープレートの変更

引越しで管轄の運輸支局が変わった場合は、ナンバープレートの変更も必要です。住所を管轄する運輸支局に行き、手続きをします。手続きの際に必要な書類は、車検証の住所変更をする時とほとんど同じです。

ナンバープレートは付け替えをしなければならない為、必ずクルマを持ち込みます。基本的には、手続きをしたその日のうちに新しいナンバープレートを受け取ることができます。

任意保険/自賠責保険の住所変更

車検証の住所変更の他、保険の住所変更が必要な場合もあります。引越しの前後に忘れず確認しましょう。

マイカーリースの契約期間中に必要な手続き

マイカーリースを契約している場合は、上記の手続きに「カーリース会社への報告」と「メンテナンス工場の変更」が加わります。マイカーリースを利用している方は、引越しをしたら、まずカーリース会社へ連絡してください。必要な書類を用意してもらうことができますし、その後の手続きや住所変更についても、案内してもらえます。

メンテナンス工場の変更は、メンテナンスありのプランを選んでいる場合に必要です。マイカーリースでは、メンテナンスありのプランを選ぶと、カーリース会社が指定した工場でメンテナンスを受けるのが一般的です。住所が変わり、指定されていたメンテナンス工場が遠くなった時は、引越し先の住所に近いメンテナンス工場が新しく指定されます。

指定された工場以外でのメンテナンスは、発生する費用をご自身で負担することになります。メンテナンス工場の変更が必要な場合は、こちらの手続きも行ってください。

分からないことがあればカーリース会社へ相談を

引越しに伴う手続きについて、分からないことがあったらカーリース会社へ相談してください。カーリース会社によっては、費用を支払うことで、手続きを代行してくれることがあります。他にもカーリース会社は、引越しに伴い心配事がある時にアドバイスをしてくれたり、住所変更に関する疑問があったら回答してくれたり等、いろいろな面でサポートをしてくれます。

忙しい引越しの前後は、ついついクルマに関する手続きを忘れてしまいがちです。人によっては、手続きが負担になるので「住所変更をしない」という方もいます。しかし、前述の通り、手続きをしないことは法令に反しています。中でも車検証の住所変更に関しては、「道路運送車両法」という法律により、15日以内に手続きをしなければならないと決められています。

15日以内に車検証の住所変更をしなかった場合、50万円以下の罰金が科される可能性があります。それだけではなく、クルマに関する書類や郵便物が届きません。

自動車保険の住所変更に関しては、期限こそ定められていませんが、住所変更をしないと保険会社からの書類や郵便物を受け取ることができません。

マイカーを持ってから初めての引越しだと、手続きに関して戸惑うことが多いと思います。手続きが遅くなってしまうとトラブルの原因になります。カーリース会社のサポートを受けて、素早く手続きを済ませましょう。

ピタクルをご利用中のお客様も、分からないことや心配なことがありましたら、コンシェルジュまでご連絡ください。

クルマがいらなくなった…途中解約はできるの?

引越しをすると、ライフスタイルが大きく変わる場合があります。マイカーリースを利用する方の中にも、引越しを機に、クルマが不要になる方がいます。

例えば、公共交通機関を利用しづらい地域から、アクセスに優れている地域へと引越したケースです。特に都心部はアクセスが良いうえに駐車場代が高額であることから、マイカーを持つ必要がないと考える方が多いです。

都市部への引越しであれば、普段の生活にかかる支払い金額の負担が大きくなることから、固定費を見直したいという方もいます。

このように、引越しをすると環境やライフスタイルが変化します。クルマの利用頻度や必要性も変わってきます。マイカーリースの契約期間中、引越しに伴ってクルマが不要になった場合、途中で解約することはできるのでしょうか?

引越しのような事情があるとはいえ、一般的なマイカーリースの場合、途中での解約(中途解約)ができません。なぜなら、自由に中途解約することを認めてしまうと、カーリース会社に損害が出てしまうからです。

マイカーリースは、カーリース会社がお客様の希望するクルマを新車として購入し、契約者に貸し出すシステムのサービスです。この時点では、クルマの購入費用はカーリース会社が負担しています。

契約者が契約期間満了まで月額料金をきっちり支払うことで、カーリース会社に損害が出ず、マイカーリースのサービスが成り立ちます。

逆にいえば、中途解約されてしまうとカーリース会社に充分な費用が支払われず、損害が出てしまということです。このことから、カーリース会社では基本的に、中途解約を不可としています。

カーリース会社によっては、やむを得ない場合に限り中途解約を認めていることがあります。ただし、中途解約する場合は違約金が発生するケースがほとんどです。違約金は、残りのリース期間で支払う予定だったリース料に、所定の手続き手数料と消費税等を足した金額になります。金額が大きいうえに、分割払いができず一括で支払わなければならないので、契約者様にとって大きな負担になってしまいます。できる限り中途解約にならないよう、気を付けたいところです。

中途解約に関して、詳しくは別にコラムがありますのでご覧ください。

コラム【 マイカーリース契約の中途解約 】はこちら

中途解約に気を付けなければならないとはいえ、急遽予定外の引越しが決まる可能性はゼロではありません。

「マイカーリースを利用したいけど、引越しで中途解約したくなった時が心配…」

そんな方もいるのではないでしょうか?

ピタクルなら、引越しに伴う中途解約で違約金が不要

引越しに伴う中途解約が心配な方におすすめなのが、ピタクルのマイカーリースのサービスを利用することです。

ピタクルは、ライフイベントに由来する一部のケースでは、中途解約をしても違約金が発生しない特約が自動付帯されています。その一部のケースに、「都道府県をまたぐ住所変更」があります。都市部への引越しでクルマを使わなくなる方も、生活費の負担が大きくなって月額料金を支払い続けることに不安を覚えた方も、違約金の心配をせずに中途解約ができます。突然引越しが決まった場合も安心です。

引越しの他には、次のケースで違約金の支払いが免除になります。

  • 契約者本人の死亡
  • 障害者手帳が交付される障害の発生
  • 要介護認定
  • 運転に支障がある病気や傷害の診断
  • 自動車運転免許証の返納
  • 運転免許の取消
  • 海外転勤
  • 結婚

※詳しい条件等につきましては、よくある質問をご覧になるか、コンシェルジュまでお問い合わせください。

ピタクルは、お客様が安心してマイカーリースを利用できるよう、暮らしに寄り添ったサービスを提供しています。経験豊富なコンシェルジュによるサポートもその1つ。お客様に合ったクルマやプランを、ベテランのコンシェルジュがご提案します。初めてのマイカーリースでクルマやプランの選び方が分からない方にもおすすめのマイカーリースサービスです。

ライフスタイルに合わせてマイカーリースをご利用ください

引越しの可能性がある場合に、中途解約のリスクを減らす方法の1つが、短期間でマイカーリースの契約をすることです。短期間での契約ならライフスタイルに合わせて、マイカーリースの利用を続けるのか、それともやめるのかを選びやすいというメリットがあります。

多くのカーリース会社では、契約満了後の選択肢として、同じクルマを引き続き利用し続けられる「再リース」を用意しています。再リースでは、車種やプランはそのままに、リース期間を延長することができます。契約期間中に引越すことがなく、かつ気に入ったクルマがあれば、契約満了時にこの再リースをお申し込みください。引き続き同じクルマをご利用いただけます。

ライフスタイルに合わせてマイカーリースをご利用いただくことで、快適なカーライフを送ることができます。マイカーリースを契約する時は、契約期間はもちろん、車種やプラン等、ご自身やご家族の生活に合った内容で契約しましょう。

マイカーリースやクルマの手続きについて、ご不明なことがありましたら、ピタクルまで気軽にお問い合わせください。お客様が素敵なカーライフを送れるよう、車種選びやプラン選びからマイカーリース契約中の手続きまで、全力でサポートいたします。

カーリースで話題の電気自動車
おすすめプラン 新生活におすすめのお得なプランをみる
お役立ちコラム

まずはピタクルまで、お気軽にお問い合わせください。

考える男性のイラスト

お問い合わせはこちらから

「プランをもっと詳しく」
「オプションの選び方が分からない」
など、ご不明点等は
お気軽にお尋ねください。
車のイラスト
お問い合わせフォーム
お問い合わせページへ遷移します
0120-953-304
(受付時間:土日祝日除く9:00~17:30)
カーリースで話題の電気自動車
おすすめプラン 新生活におすすめのお得なプランをみる
お役立ちコラム