短期カーリースは契約しても大丈夫?メリットや見落としがちな注意点を解説

短期カーリースは契約しても大丈夫?メリットや見落としがちな注意点を解説

公開日:2022.07.29

カーリースは、リース会社が所有する車を借りて乗ることができるサービスです。同じようにレンタカーも車を借りることができますが、借りる期間によってどちらを利用するべきか悩む方もいらっしゃるでしょう。

特に、数ヶ月〜1年程の利用となるとカーリースがいいのかレンタカーがいいのか疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、短期カーリースを利用するメリットや見落としがちな注意点について解説します。ご自身のライフスタイルに合わせたカーライフが送れるようご一読ください。

ここでは数ヶ月〜1年のカーリースを短期カーリースとして紹介していきます。

短期カーリースを契約する人の目的とは

短期間での車の利用をあらかじめ決めている

住んでいる地域や過ごしている環境によって、これまで車が必要なかった方でも急に車が必要になることは珍しくありません。短期カーリースは、一時的に車が必要な場合に、月単位や年単位で利用することができるサービスです。

例えば、短期間の転勤や出産、一時的な引越しによるライフスタイルの変化の場合は車が必要になる期間が想定できます。

事前に車が必要な期間がわかっている場合は、短期カーリースを利用することで計画的にカーライフを送ることができるでしょう。

費用を抑えて月単位で車を利用したい

車は高額な買い物になるため、安易に購入できないと考える方が多いのではないでしょうか。

短期カーリースであれば、車種によっても異なりますが、月に数万円程度で車を利用することができます。車は初期費用も高額ですが、所有していることで維持費もかかります。短期カーリースであれば決まった期間を月々一定の費用で車を所持出来るので、経済的にも安心です。

どちらがお得?短期カーリースとレンタカー

レンタカーであれば手続きが完了すればすぐに乗ることができ、任意保険なども合わせて加入することができます。

対して短期カーリースの場合、手続きに審査があることや、納車までに時間がかかること、任意保険も自ら加入する必要があり、乗るまでに手間がかかる面があります。1ヶ月程度の短い期間であればレンタカーの方が手続きなどを考慮すると利用しやすいでしょう。

しかし、レンタカーと短期カーリースでは料金の違いがあり、利用する会社にもよりますが、レンタカーよりも、短期カーリースの方が安い傾向があります。

一概にどちらがお得とは言えませんが、利用のしやすさや、利用したい期間なども踏まえて自分にはどちらが向いているか判断すると良いでしょう。

短期カーリース会社を選ぶときの注意点

短期カーリースも利用する会社によってサービス内容が異なります。自分に合ったカーライフを送るためにも、短期カーリース会社を選ぶときの注意点を紹介します。

走行距離に制限がある

カーリースでは、月や年単位で走行距離の制限を設けているリース会社も多く存在します。例えば、月500km/1,000km/1,500kmというように走行距離に制限があります。

リース会社によっては、走行距離に制限がひとつしかないケースや、ライフスタイルに合わせて走行距離を選択できるケースもあり、走行距離が長いほど月々の料金が上がることが多いです。

また、走行距離の制限を超過してしまうと、超過金が課せられる場合があります。大幅に走行距離を超えてしまうと支払う料金も増えるため、走行距離の制限がどのくらい課せられているのかは、事前に確認するといいでしょう。

車種が限られている

車は、軽自動車からコンパクトタイプやファミリータイプなどさまざまな車種がありますが、短期カーリースでは希望の車種全てが揃っているわけではありません。

カーリースは申し込みがあってから車の手配することが多いですが、短期カーリースの場合は、車販売をしている店舗が貸し出している場合もあり、その車からリースするケースもあります。そのため、希望する車が既に貸し出されていたり、そもそもリース車として貸し出せる車種が少ない会社もあるなど、利用できる車種が限られている可能性があります。

車種にこだわりがある方は、どの車種がリース契約可能なのかを確認しておくと良いでしょう。

中古車の利用を前提としていることが多い

短期カーリースでは、選べる車が使用者の変更や車庫証明などの手続きをすれば、すぐに貸し出しができる中古車であることが多いです。 新車や多くの車種からリースする車を選びたい方は、長期カーリースの利用も検討するといいでしょう。

残価精算で追加費用発生の可能性あり

カーリースの特徴として、「残価設定」があります。残価は、リース契約満了時に、想定される市場価値を設定した金額です。

カーリースは車両代から残価を差し引いた金額をもとに月々の支払金額が決まるため、ローンなどの分割払いよりも月々の支払いを抑えることができます。ただし、リース会社によってはリース満了時に残価精算が必要なケースもあるため、契約満了時に追加費用が課せられるかもしれません。残価の精算義務についても事前に確認しておくのが良いでしょう。

中途解約ができない

カーリースの契約では、原則として中途解約することはできません。ただし、どのリース会社でも中途解約が認められていないというわけではなく、中途解約の可否についてはリース会社によって異なります。

また、中途解約ができるリース会社であっても、契約満了時までのリース料金の精算や違約金などが掛かる場合があります。使わないから返却したいという場合でも、契約時に定められた金額は支払う必要があるので注意しましょう。

短期カーリースと長期カーリースに違いはある?

車種の違い

短期カーリースでは、車種が限定されていたり中古車であることが多いですが、長期カーリースの場合は新車で自分の好きな車種が選べることが多いです。

ディーラーが取り扱っているカーリースは別ですが、リース会社が取り扱う長期カーリースでは豊富な車種から選ぶことができます。

審査の違い

短期カーリースも長期カーリースも審査は必須で違いはありません。

カーリースにおいては、利用期間に関係なく審査が行われます。審査は各リース会社の基準をもとに行われます。

契約条件の違い

長期カーリースの場合、契約からリース会社が定めた一定期間を過ぎるか、リース会社が定めた条件を満たせば解約が認められている場合もあります。将来的に車が不要になる場合でも安心して利用できるのがポイントです。

中途解約が認められる条件は、リース会社によって異なりますが、経過年数や年齢等の条件があります。

ピタクルはライフスタイルに合わせやすいカーリース

ピタクルでは、ライフスタイルに合わせたカーリースの提供に努めています。さまざまなライフスタイルの方が利用するカーリースだからこそ、お客さまに合わせたプランをご提供しています。

中途解約できる

ピタクルのカーリースは、ライフスタイルの変化に応じて中途解約ができるので、安心して利用することができます。

例えば、結婚や仕事などの諸事情による他県への引越しなど、ライフスタイルに由来する中途解約であれば解約金が免除になる特約が自動付帯しています。結婚で結婚相手が車を持っていて不要になるケースや、マイホームを建てるための資金を貯めるために節約するなどの理由でも、戸籍謄本等の必要書類を提出すれば解約金が免除されます。

もちろん、ライフスタイルの変化が生じても中途解約せずにそのまま乗ることも可能なので、自分に合わせた使い方ができます。

全車種を扱っている

利用するカーリースによっては、選べる車種が限定的なことも珍しくはありません。短期カーリースでは、中古車で車種が限定されていることがほとんどですが、ピタクルでは国内全メーカーの新車から選べます。

ピタクルでは、長年カーリースに携わってきたベテランのコンシェルジュが、あなたのライフスタイルに合わせて車種選びからサポートしますので、車に詳しくない方も安心してご利用いただけます。

自分のライフスタイルを見直して契約形態を検討しよう

一時的に車が必要な方であれば、短期カーリースは車を所有せずに済むため、車両の購入費用や維持費がかからず利用できることは魅力的です。しかし、短期カーリースは中途解約ができないことや希望する車種に乗れるとは限らない注意点があります。

契約形態は、車の使用期間をひとつの目安として選ぶことがおすすめです。

車の使用期間 おすすめのサービス
数日から数週間 レンタカー
数ケ月から1年以内 短期カーリース
1年を超える期間 長期カーリース

ピタクルでは、ライフスタイルの変化に合わせた中途解約であれば、中途解約金無しで解約が可能です。また、国内メーカーすべての車種から、好きな新車を選んで乗ることができるので、ご自身のライフスタイルに合わせたカーリースの利用方法にお悩みの方は是非一度ご相談下さい。

カーリースで話題の電気自動車
お役立ちコラム

まずはピタクルまで、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

「プランをもっと詳しく」
「オプションの選び方が分からない」
など、ご不明点等は
お気軽にお尋ねください。
お問い合わせフォーム
お問い合わせページへ遷移します
0120-953-304
(受付時間:土日祝日除く9:00~17:30)
カーリースで話題の電気自動車
お役立ちコラム