カーリースでよくある失敗例とは?後悔しないためのポイントを解説

カーリースでよくある失敗例とは?後悔しないためのポイントを解説

公開日:2022.07.22

カーリースはリース会社から車を貸し出してもらうサービスです。車を購入する際は頭金が必要な場合が多いですが、カーリースでは頭金をゼロに設定することもできます。また、月々の支払いも一定額なので支払いの管理をしやすいことも特徴として挙げられます。

しかし中には、事前にカーリースの仕組みやメリット・デメリットを理解しておらず、カーリースで失敗したと感じてしまう方もいるようです。

せっかく契約するのですから、最後まで気持ちよく利用したいはずです。今回はカーリースでよくある失敗例と、後悔しないためのポイントを解説しますのでぜひ参考にしてください。

カーリースでよくある失敗例や後悔したこと

カーリースでよくある失敗例や後悔したことを紹介します。

中途解約できなかった

比較的多い失敗例が「契約の途中で解約できなかった」という内容です。カーリースは契約期間が決まっていますが、契約が満了する前に解約することを「中途解約」と言います。

例えばスマホは2年契約をしても、違約金を支払えば中途解約できるケースが多いですが、カーリースの場合は原則、中途解約はできません。

たとえ車が不要になったり、家族の人数が増えて大きな車を購入したくなったりしても、契約期間が終了するまでは解約ができないのです。

きちんと契約書を確認せず、「中途解約できるだろう」と思い込んで契約した方は、中途解約できないことで「失敗した」と感じてしまうかもしれません。

中途解約できたけど違約金が発生した

基本的には中途解約できないカーリースですが、違約金(規定損害金)を支払えば解約可能なリース会社もあります。

規定損害金の算出方法は、リース会社によって異なりますが、契約リース料の総額から支払い済みのリース料を差し引いた金額と、手続き手数料などから算出されます。

規定損害金は、原則分割払いができないため、中途解約をする場合は高額な費用を一括で支払う可能性が高くなります。 そのためカーリースを始める際は、中途解約による高額な支払いを避けるためにも事前に将来の計画を立てておくと安心です。

ただし、なかには条件付きで中途解約可能なリース会社もあるため、契約内容はしっかり確認しておきましょう。

契約満了時に精算が発生した

リース契約をした車は契約満了時にリース会社が査定に出します。そこであらかじめ設定されている残価より査定額が低かった場合は、差額を精算しなければならないのが一般的です。

査定額が低くなる原因としては、ぶつけて車に傷がついている、喫煙やペットによるニオイや汚れがある、食べこぼしのシミなどがあります。

事故によって大きな負担を負った

カーリース契約をした車で事故を起こしてしまった際、事故による車両の損害の程度によっては大きな負担となるケースもあります。

たとえば、事故により車が廃車となってしまった場合、強制解約となり規定損害金が発生するのが一般的です。

また、廃車ではなく、車両の修理だけで済んだ場合でも負担はあります。任意保険に入っていなければ修理費は自費です。保険に入っていた場合は翌年からの保険料が上がるため、どちらにしても契約者の負担は増えるでしょう。

走行距離に制限があった

ドライブ好きな方に多いのが走行距離に関する失敗です。リースした車は基本的に契約上の走行距離が決まっており、その距離はプランによって異なります。

もし走行距離の制限をオーバーしてしまった場合、リース会社や契約内容によって異なりますが、超過料金を支払わなければならない場合もあります。

車の改造をしたら満了時に費用を要求された

リースした車を改造した場合、現状復帰をして返却するのが一般的です。そのため、現状復帰できないような改造はNGで、中には現状復帰できても改造を禁止しているリース会社もあります。

万が一現状復帰できないような改造をしてしまった場合、契約満了時に違約金を請求されるケースもあります。予期せぬ出費を防ぐためにも改造は控えた方がいいでしょう。

カーリースで失敗しないために事前に確認しておくこと

残念な思いをすることなく快適に車を利用するために、ここからご紹介するポイントを事前に確認しておきましょう。

解約時のことなど契約内容はしっかり確認する

解約時のトラブルは中途解約で規定損害金が発生したり、残価より車の査定額が下回っている場合は差額を支払わなければならなかったりと、費用に関する内容が多いです。

そのため、中途解約はできるのか、その場合規定損害金は発生するのか、事故を起こしてしまった場合はどうなるのかなど、契約内容は事前にチェックしておきましょう。

どんな時に支払いが発生するのか、発生する場合はだいたいいくらなのかまで把握しておくと安心です。

短期カーリースは月額負担が大きくなるので注意する

短期のカーリースは、月額負担が大きくなる可能性があるので注意が必要です。例えば一般的には7年契約より5年契約の方が月額料金は高くなります。

よく考えずに短期で契約した場合、リース期間が終了した後に引き続き車が必要なるケースも考えられます。その場合、再リース(同じ車でリースの延長契約すること)すると、初めから長期間でリース契約をした方が総支払い金額で割安になる場合もあります。

リース期間は短期になるほど月額料金は高くなる可能性がある、ということを理解した上で、契約期間を決めましょう。

自分のライフスタイルに合った契約プランを選ぶ

契約プランはリース会社によって異なりますが、安さや人気度よりも、自分のライフスタイルに合っているかを基準に選ぶのがおすすめです。

車を使う頻度が低ければ走行距離が短く、メンテナンスも含まれていないプランでも十分という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、頻繁に使用する、よく遠出をするという場合は、メンテナンスを含まないと追加費用が多く必要になったり、走行距離の制限が短いと追加料金が発生したりします。

余計な費用を極力抑えて、快適に車を使用するために、自分のライフスタイルを把握してから契約プランを選びましょう。

契約方式についても一緒に確認

カーリースの契約方式には「オープンエンド」と「クローズドエンド」の2種類があり、それぞれ残価の扱い方が異なります。 残価とは残存価格の略で、カーリースの契約満了時に予想される「車の査定価格」を指します。 オープンエンドは、契約時にリース会社と契約者の間で残価を明示し、残価の金額を決定します。契約満了時に、車の査定額と残価の差額を精算するため、残価よりも査定額が下回った場合、その差額を支払うリスクが生じます。 そのため、オープンエンドは契約時に残価を調整できる場合もありますが、残価設定には注意が必要です。

ただし、満了時にリースしていた車を買い取る選択肢があるため、リースした車を満了後も利用したい方にとってはメリットになるでしょう。

クローズドエンドは契約時にも契約満了時にも残価は公開されません。 ただし、契約者は残価精算をする必要がなく、仮に契約満了時に車の査定額が残価より下回っていても、契約者が差額を支払う必要はない為、安心して利用できるのがメリットといえるでしょう。その分、リース会社によっては残価を少し低く設定していたり、満了時に車の買い取りができないルールが設定されていることもあります。

契約方式によって満了時の支払いの有無や、車の買い取りの可否が異なるため、オープンエンドなのかクローズエンドなのかも事前に確認しておきましょう。

車両保険などの任意保険に加入する選択肢

自賠責保険はリース契約に含めて加入する場合が多いですが、車両保険などの任意保険は自分で選択して加入することになります。

車両保険に入っていれば、自分でガードレールにぶつけてしまった場合でも保険を使って自分のクルマの修理が可能です。 自分の場合はどんな保険が必要なのかよく考えて選択しましょう。

ライフスタイルに合わせやすいカーリースがある

契約プランが少ないリース会社だと、ライフスタイルにマッチしない場合があります。その点、「くらしにピタッと寄り添うくるま」をコンセプトに、ライフスタイルに合わせるよう商品設計されたマイカーリース「ピタクル」であればメンテナンスの他に、走行距離もライフスタイルに合わせて選択できます。

ピタクルはライフスタイルに合わせて走行距離も選べる

ピタクルでは、以下の3つのプランから選択可能です。

  • 〜500km(年間6,000km以内)
  • 〜1,000km(年間12,000km以内)
  • 〜1,500km(年間18,000km以内)

日々の買い物や近場の通勤で使用するなら500km、休日も使用しレジャーや遠出もするなら1,000kmか1,500km、1,500km以上も相談可能と言ったように、ライフスタイルに合わせやすいのが特徴です。

どの走行距離がライフスタイルに合っているかわからない場合は、契約前にコンシェルジュに相談可能です。走行距離によってリース料金は変動するため、よりライフスタイルに近い契約プランを選ぶことが重要なポイントです。

ライフイベントが理由の中途解約で解約金が免除できる

カーリース契約を躊躇する理由として多いのが、中途解約に関する悩みでしょう。一般的なリース会社だと、解約できないか、できても中途解約金が発生するため、契約を躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

ピタクルであれば結婚等のライフイベントが理由による中途解約なら規定損害金が免除されます。海外への転勤や、急な引っ越し、結婚、障害・疾病など「もしも」の時でも中途解約金は必要ありません。

リース期間は長いので、契約時には想定できないこともあるでしょう。そのような方でも契約しやすいのではないでしょうか。

コラム【結婚したらカーリースはどうなるの? 】はこちら

カーリースについておさらい

では最後に、カーリースとは何か改めておさらいしておきましょう。

カーリースは定額で利用できる

車を購入すると初期費用や車検費用等の維持費用がかかります。一度にまとまったお金が必要となるため、経済的に購入が難しい方もいるでしょう。

しかし、カーリースはプランによっては車検費用などのメンテナンス費用が月額料金に含まれており、定額で利用できます。たとえば月額3万円のリース契約をすれば、契約が満了するまで毎月3万円支払えば車に乗れます。

保険や税金もプランに含まれる

車を購入すると保険や税金も支払わなければなりません。車種によっては税金が高く、毎年費用を用意するのが大変と感じている方もいるでしょう。

カーリースの場合、プランの中に自動車税(軽自動車税)、重量税、自賠責の他、車両保険など、任意保険も含めることができます。定額料金以外を用意する必要がないため、車を購入するより自動車にかかる費用を把握しやすいのもメリットの一つです。

マイカーを頭金なしで利用できる

ローンを組む場合は、頭金の支払いが必須の場合があります。 頭金を用意できないためにマイカーを諦める方もいるかと思いますが、カーリースなら頭金なしでもマイカーを手に入れられます。

利用するにはある程度の制限がある

カーリースにもいくつかのデメリットはあります。まず、先程説明したように、基本的には中途解約ができないため、契約満了まではリースを続けないといけません。

また、リース会社によっては取り扱っている車種やグレードが限定されており、乗りたい車が必ずしもリースできるわけではないなど、いくつかの制限があることは事前に頭に入れておきましょう。

カーリースで不安なことはコンシェルジュに相談しよう

カーリースは毎月定額の料金を支払うことで、マイカーを手に入れられる便利な方法です。しかし、よく考えて契約しても時には失敗を犯してしまうこともあります。大事なのは、不安や疑問をプロに相談して解消してからリース契約をすることです。ピタクルなら様々なカーリースの疑問や不安に応えることが出来るコンシェルジュに事前相談ができますので、ぜひ利用して快適なカーライフをおたのしみください。

カーリースで話題の電気自動車
お役立ちコラム

まずはピタクルまで、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

「プランをもっと詳しく」
「オプションの選び方が分からない」
など、ご不明点等は
お気軽にお尋ねください。
お問い合わせフォーム
お問い合わせページへ遷移します
0120-953-304
(受付時間:土日祝日除く9:00~17:30)
カーリースで話題の電気自動車
お役立ちコラム