カーリースは頭金・ボーナス払いなしで車に乗れる?仕組みやメリット・デメリットを解説

カーリースは頭金・ボーナス払いなしで車に乗れる?仕組みやメリット・デメリットを解説

公開日:2022.10.19 更新日:2023.09.06

表示価格及び、グレードや取り扱い状況は「公開日」もしくは「更新日」当時のものとなり、現在の情報と異なる場合がございます。

車をオートローンなどで購入するときには、頭金が必要になることも少なくありません。計画的にお金を貯めて購入できれば良いですが、頭金の支払いに不安を感じる方もいるかもしれません。

しかし、カーリースであれば、頭金・ボーナス払いなしで利用することもできるため、毎月の定額払いで新車に乗ることができます。

また、頭金・ボーナス払いありで利用することができるカーリースもあります。

カーリースは、頭金なしで新車に乗れることや毎月定額払いで計画的に支払えることがメリットと言えますが、頭金・ボーナス払いを利用するメリットはあるのでしょうか。

今回は、カーリースで頭金・ボーナス払いのありなしで、どのような違いがあるのかや、メリット・デメリットについて解説していきます。

頭金とは?

頭金は、車をオートローンなどで購入する際の最初に支払うまとまったお金のことを言います。

車を分割で購入する際に、まとまったお金を頭金として支払うことで、毎月の支払金額を減らすことができます。

オートローンを利用する場合は、頭金が必要なケースも多いため、事前に頭金の準備が必要となることも少なくありません。

車を購入したときの頭金はいくら必要になる?

頭金は、利用するオートローンによっていくら必要なのか異なります。本体価格の1割以上を頭金として入れなければならないケースもあれば、制限がないオートローンもあります。

そのため、利用するオートローンや購入する方によっても、頭金をいくら支払うかが異なりますが、本体価格の2〜3割が一般的と言われています。

100万円程度の自動車であれば20〜30万円ほど、200万円程度の自動車であれば40〜60万円ほどの支払いです。

頭金は、分割払いで返済額を抑えながら車を購入することができますが、ある程度の資金を準備する必要があるかもしれません。

「頭金なし」で車を利用できるカーリースの仕組み

カーリースの仕組み

カーリースは、車の本体価格だけではなく、諸費用や自動車税、車検時の法定費用などを含めることができ、まとめた費用をリース料金として毎月定額で支払える仕組みです。

一方、頭金が必要なオートローンは、初期費用としてある程度の金額を支払ったのち、残りの代金を分割払いする仕組みです。

頭金なしで利用した場合のカーリースとオートローンの支払いのタイミングを比較すると、以下のようになります。

支払いタイミング カーリース オートローン
購入時(頭金として支払う初期費用) なし 頭金
環境性能割
自動車税
登録時自賠責保険
登録時重量税
登録代行費用
車庫証明取得代行費用
預かり法定費用(印紙代)
納車費用
自動車リサイクル料金
毎月の費用 本体価格
環境性能割
登録代行費用
車庫証明取得代行費用
預かり法定費用(印紙代)
納車費用
自動車リサイクル料金
自動車税(種別割)(期間分)/軽自動車税(種別割)(期間分)
自動車重量税(期間分)
自賠責保険料(期間分)
メンテナンス代(プランにより含まれる内容が異なります)
賃貸手数料
車両本体価格の分割払い
(利息も加算)
年に一度に掛かる費用 なし 自動車税(種別割)/軽自動車税(種別割)
車検時に掛かる費用 なし(プランにより異なります) 車検費用
自動車重量税
自賠責保険料
都度発生する費用 燃料代
駐車場代
※メンテナンス代
(プランにより容が異なります)
燃料代
駐車場代
メンテナンス代

「頭金なし」でも利用できるカーリースは、自動車税はもちろんですが、メンテナンス費用なども含まれているプランであれば、毎月のリース料金以外の出費を減らすことができます。

初期費用が心配な方や、リース期間中の出費をなるべく減らして、毎月定額で支払いたい方は、カーリースの方がおすすめと言えるかもしれません。

カーリースならボーナス払いもなしで利用できる

カーリースの基本プランに、ボーナス払いが含まれているケースも少なくありません。

ボーナス払いは、毎月のリース料金と年に2回、決められた月にボーナス加算額を支払う必要があります。毎月のリース料金とボーナス加算額を支払うため、ボーナス月の負担が大きくなる恐れもあります。

毎月定額のリース料金を支払いたい方は、ボーナス払いなしが利用できるカーリースがおすすめです。

カーリースの車は「頭金あり」にもできる?

カーリースの車は、利用するカーリースによって「頭金あり」にすることもできます。

ピタクルでも、頭金ありで契約したい方向けにプランを用意しています。頭金ありで契約することで、リース料金をより抑えることができます。

例えば、スズキアルトで契約する場合のリース料金は以下の通りです。

なお、料金は、スズキアルトの「2WD5ドアA4人」、オプションやメンテナンスなしのプラン料金です。(2022年8月時点)

5年 7年
頭金なし 23,320円 20,790円
頭金110,000円 21,340円 19,360円
頭金220,000円 19,360円 17,930円
頭金330,000円 17,380円 16,500円

※料金は全て税込金額です。

頭金を多く支払うことで、より毎月のリース料金を抑えることができます。また、毎月のリース料金を抑えるだけではなく、リース料金の総額も異なります。

7年の頭金なしであれば、総額1,746,360円ですが、頭金330,000円で契約した場合、総額1,716,000円で差額は30,360円です。頭金を支払った分、30,360円の支払い総額を減らすことができます。

カーリースで「頭金なし」にした場合のメリット・デメリット

頭金なしのメリット

カーリースを頭金なしで利用するメリットは、初期費用なしで新車に乗れることではないでしょうか。

最初にまとまった出費がなく車に乗ることができるため、急に車が必要になった場合でも車を使うことができ、その後も計画的な支払いが可能です。

ご家庭によっては、車以外にも高額な出費が発生する予定がある方や、お子さんの教育資金を貯めておきたいという方にとっては、頭金がないことはメリットに感じやすいのではないでしょうか。

頭金なしのデメリット

頭金ありの場合と比較したときに、頭金なしだと毎月のリース料金が高く感じることはデメリットと言えるかもしれません。

例えば、毎月のリース料金の予算を3万円と決めていたが、数千円予算をオーバーしてしまった場合は、頭金で調整する必要があるかもしれません。

もちろんカーリースでは、車種やオプション、リース期間などを変更することで、リース料金を抑えることもできます。

しかし、車種やオプションなどにこだわりがある場合は、頭金で調整が必要なケースや、頭金の設定がないリース会社であれば予算オーバーを余儀なくされる恐れもあるので注意しましょう。

カーリースで「頭金あり」にした場合のメリット・デメリット

頭金ありのメリット

頭金ありにするメリットとしては、毎月のリース料金が抑えられることが大きなメリットです。月の予算が決まっている方は、選ぶ車やグレード、オプションなどで調整することもできますが、頭金で調整することも可能です。

また、まとまった頭金が準備できる方は、月々のリース料金を抑えてリースする車のグレードを上げることもできるかもしれません。

頭金ありのデメリット

頭金ありの場合、頭金を支払うことで毎月のリース料金は抑えられますが、手元の資金が減ってしまいます。

資金の備えがあれば問題ないですが、毎月のリース料金以外にも、生活費や想定外の出費があるかもしれません。

頭金なしで新車に乗れることがカーリースのメリットでもあるため、頭金はご自身の資金状況を踏まえて利用するのが望ましいでしょう。

カーリースを利用する際に頭金以外で注意するポイント

リース車

カーリースを利用する際に、頭金以外に注意しておきたいポイントをいくつか紹介していきます。

残価精算

カーリースは、契約満了時に残価精算が必要な場合があります。

リース契約した車を契約満了時に返却する場合は、返却時に車の査定が行われます。リース契約時に、リース会社が設定した残価を査定額が下回った場合、その差額分を残価精算として支払いが生じる場合があります。

また、残価精算以外にも、契約時に定めた走行距離を超えたり、車の傷や破損、ニオイなどの修復費用が発生してしまうと、違約金もかかる場合があるため注意が必要です。

中途解約時の違約金

カーリースは、中途解約の可否がリース会社によって異なり、中途解約ができるリース会社であっても違約金がかかる場合があります。

中途解約の違約金は、リース会社によって異なりますが、中途解約する時点での残りのリース料金などから算出されます。

中途解約が可能でも、精算が免除されるわけではないため注意しましょう。

頭金やボーナス払いの有無を選べるカーリース会社を選ぼう

カーリースを選ぶ中で、頭金やボーナス払いの有無を選べるリース会社であれば、支払いの選択肢が増えます。ピタクルでは、より多くの方が自分にピッタリなプランが選べるよう頭金やボーナス払いのプランもご用意しています。

また、ピタクルでは、残価精算も基本的にはありません。中途解約についても、結婚や県外への転居など特定の条件を満たす場合は、解約金免除で解約が可能です。

カーリースや車選びなど、わからないことをお気軽にご相談できるコンシェルジュもおりますので、ご興味ある方はぜひ一度お問い合わせください。

ピタクルのプランを見る

まずはピタクルまで、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

「プランをもっと詳しく」
「オプションの選び方が分からない」
など、ご不明点等は
お気軽にお尋ねください。
お問い合わせページへ遷移します
0120-953-304
(受付時間:土日祝日除く9:00~17:00)